賃貸物件として不動産を経営する方必見!資産運用のノウハウ

資産運用を成功させるために!賃貸経営でのチェックポイント

不動産を選ぶ前に

不動産を探していく上で、満足できる物件を手に入れるためには、不動産選びは非常に重要です。特に、賃貸物件として運用する場合には、これから紹介する不動産選びに欠かせないコツをチェックしておきましょう。

不動産選びに欠かせないコツ5選

no.1

ネットで情報収集

不動産というものは、毎日、毎時間ごとに新しい物件がどんどん増えています。優良な不動産物件を購入するためには、ネットでこまめに情報収集することは欠かせません。

no.2

予算から厳選する

不動産選びにあたり、先に予算を決めておくと条件が絞りやすく、理想の物件を見つける時間が短くて済みます。逆に予算を決めてないと選択肢が多く、かえって迷うことも多いです。

no.3

管理できるエリアから選ぶ

不動産を賃貸物件として経営するなら、ご自身が管理できるエリアで購入することが正しいです。遠いエリアで物件を購入するのもいいですが、その際には管理会社を雇う必要があります。

no.4

立地条件を考える

西麻布で入居者を募り、空室をできるだけなくすためには、不動産の立地条件は非常に大切です。ベッドタウンなどは不動産の価値も高く、初期費用も大きいですが入居者からは人気のエリアです。

no.5

中古より新築の方がいい

新築の不動産の方が価値が下落しにくいため、長期間運用できる傾向にあります。しかし、最近では中古物件を購入し、リフォームする方もいますので、コストの大きさを確認して選ぶといいでしょう。

賃貸物件として不動産を経営する方必見!資産運用のノウハウ

模型とお金

賃貸経営では管理が大事

賃貸として不動産を経営していく場合には、管理をおろそかにしてしまうと、建物の劣化が進むだけでなく、入居者からの満足度も下がります。そして、それに伴い、空室が増えて収入減することもあり得ます。賃貸経営で長期間収入を得たいのなら、価値のある建物の状態を維持できるように心掛けましょう。また、物件の価値が下落した場合には、リフォームなどで価値を向上させるというのもありです。

利回りばかりを重視しない

不動産投資で最も重視される「利回り」ですが、固執し過ぎるとかえって利回りが低くなってしまうケースもあります。例えば、利回りを重視して割安な不動産を購入したとします。割安ということで費用がかからず一見、利益が大きいように見えます。しかし、その数年後には大規模修繕が必要になったり、古くて住みにくく、入居者が募らないといった問題が発生します。利回りを高めるためには、ある程度の費用を出してでも、優良物件を購入するといいでしょう。

赤字経営なら売却するべき

不動産投資は節税対策に有効ということは良く見る言葉です。確かに減価償却日などを経費計上すれば、所得税を減らすことは可能です。また、その他でも節税対策としては有効と言える部分も大きいでしょう。しかし、結局のところ、払い過ぎた税金を取り戻すことができる程度なので、赤字経営を続けても損益が増える一方です。そのため、赤字経営が続いたなら売却を検討することをおすすめします。

不動産を購入した方達の口コミ

不動産会社が親切だった

投資用の物件を探していると伝えたところ、ご自身の意見や希望をしっかりと聞いた上で対応してくれました。物件自体も満足できるものを紹介してもらい、良かったと思います。(男性 35歳)

不動産の知識を丁寧に

不動産のことをあまり知らない私でしたが、担当者の方から様々な知識やノウハウを教えられ、一つ成長しました。不動産選びに悩んでいる方はまずは担当者に相談するといいですよ。(女性 33歳)

仲介手数料無料がいい

仲介手数料無料の不動産を選びました。実際、購入してみると手数料の有無で物件の品質が変わるということはありません。むしろ、初期費用を大幅に削減できたので良かったです。(男性 42歳)

見学してから選ぶべき

不動産選びで大切なことは、ご自身の目で物件を見学することです。以前、優良物件かと思い、見学したところ納得できない部分が多々ありました。不動産選びには注意と目ざとい観察眼が必要。(女性 52歳)

広告募集中